これから災害対策をする人のためのまとめサイト

>

防災グッズ意外に準備することや気をつけること

防災グッズ以外にしておいたほうが良いこと

防災グッズを完璧に用意しておいても、いざ災害が起こった時に正しく安全な避難行動が取れなければ意味がありません。いざ、災害が起こった時に冷静な行動するためにも、防災グッズの準備だけで安心することなく避難場所や経路を家族で確認し、どのように避難するかなどのシミュレーションを入念にやっておきましょう。
また、国土交通省が運営するポータルサイトや各自治体のホームページでは、災害に対してのそれぞれの土地の特徴などが事細かく載っていて、スマホで簡単に確認できるようになっています。これらの情報は定期的に更新されているようなので、年に1度くらいの割合で自分が住んでいる地域の事を調べておくと対策が立てやすいかもしれません。

災害に便乗した犯罪

災害時に混乱のすきを突いてくる犯罪にも気をつけなければなりません。
みんなで助け合わなければ行けない緊急時にそのようなことをする悪い人間がいるとは、あまり考えたくないことですが、災害時には必ずと言っていいほど災害に便乗した犯罪が起きているようです。
災害時に増える犯罪として、留守になった家を狙った空き巣や休業中の店舗荒らし、車の窃盗、公共機関の制服を着た騙り詐欺や不安を煽るようなことを言って強引に契約を迫り、高額な修理費を請求する点検商法などがあります。
正直、空き巣や店舗荒らし、車の窃盗などは、避難所生活を余儀なくされている場合防ぐのは難しいような気がしますが、悪質商法や詐欺などには絶対に騙されないように気をつけましょう。


TOPへ戻る